ENVIRONMENTAL
INITIATIVES

PALUXではeco検定合格者を中心に、企業全体を環境に関する幅広い知識をもって活動する集団〝エコユニット〟として登録。環境負荷の少ない省エネ照明の提案販売や、循環型社会への貢献といった環境活動に努めています。

循環型社会の実現に貢献するため、
使用済みランプの回収を行っています。

限りある資源を効率的に利用し、再生産を行うなど、持続可能な形で循環させながら利用してゆく「循環型社会」。そんな社会を支えるため、PALUXでは産業廃棄物収集運搬業の許可を取得し、お客様の使用済みランプ回収も行っています。回収後はマニフェストに従い、適正な処理を行っています。

環境に対する取り組みを推進
「エコユニット」

エコユニットとは、分野・事業内容にとらわれず、また、参画人数、規模の区別なく”環境に関する基本的な幅広い知識を持って”活動する人たちの集まりです。eco検定合格者=”エコピープル”2名以上が中心となって積極的に環境活動を行う仲間を募り、事業所(支店・営業所や部署単位でも可)、団体、サークルなどを≪エコユニット≫として登録し、環境に対する取り組みを対外的に環境活動を推進していくことが、地域の環境保全・再生や企業のCSR活動に結びついていきます。

新しいまちを美化するサポーター活動
「地球をきれいにし隊」

地域環境を守る活動の一環として、地域清掃の活動に取り組んでいます。清掃活動を通して、地域の皆様とのコミュニケーションを大切にしながら、美しい環境づくりに努めています。全国営業所において実施しており、少しでも地域の皆様が住みやすい環境作りが出来ればと考えております。

リサイクル促進CO2削減発展途上国医療支援
「エコキャップ収集活動」

ペットボトルのキャップをゴミとして焼却処分するのではなく、再資源化を促進することを目的にエコキャップ収集活動を行っております。焼却処分に伴うCO2の発生を抑制し「地球環境を改善する」と共にキャップの再資源化で得た売却益をもって「世界の子どもたちにワクチンを寄贈し救済する」ことを、社員の有志にて回収作業し実施しております。

海外における保健医療分野における支援協力
「使用済み切手運動」

使用済みの切手を回収し使用済切手収集団体「JOCS」へ送らせて頂いております。収集された切手は愛好家の方々に購入して頂き、その購入金額全額を寄付しております。活動内容は、海外における保健医療分野における支援協力が主となります。保健医療従事者の派遣などの支援は、基本的に現地からの要請で行われ、アジア・アフリカを中心に保健医療が十分でない地域への協力活動を行います。

J-クレジット制度のサポート
「国内排出量削減認証制度」

企業や自治体がCO2排出削減分を株式会社パルックスに売却でき、購入した弊社は自社の削減目標に利用することができる。京都議定書の目標を達成するため、国が2008年度から導入した。第三者機関である「J-クレジット認証委員会」に事業計画を申請し、削減できた実績が認証されれば、排出枠として売買できる制度を扱っております。

全国組織のスケールメリットを活かした
「プルタブ回収」

「プルタブ回収」の取り組みは、全国組織のスケールメリットを活かし全体の取り組みとしてスタートしました。約800キロのプルタブで1台の車椅子を贈ることができます。他企業さんとも合同で集め、日頃の小さな活動の積み重ねにより、現在までに2台の車椅子を寄贈しています。

自然エネルギーを基盤とする社会の構築
「太陽光エネルギーの活用」

弊社LSC仙台には太陽光パネルが設置されております。再生エネルギーの活用が叫ばれている現在では、大切な取り組みの一つです。屋外には電力モニターも設置しており、訪れるお客様や、近隣の皆様に太陽光の発電量、発電効率をわかりやすくお知らせしております。

災害からいのちを守る森をつくるために
「植樹活動」

弊社では植樹を行なっております。植樹祭に使用された苗木代と植樹資材費のほとんどは、財団に対する多くの企業や団体、個人様のご寄付によって賄われています。
今後も協力を継続して参りたいと思います。

皆様に還元できる情報を発信
「環境セミナー講師活動」

PALUXでは、少しでも環境活動に貢献できることはないか、どのように取り組んでいけば良いか等弊社のCSR活動として、日々勉強しながら皆様に還元できる情報を発信しております。また、L.S.C(LED Solution Center)では、有資格者の講師陣による聴講型・参加型のセミナーの実施が可能となっております(収容人数20名)。